[コパ・デル・レイ]アトレティコがマドリードダービー先勝…F・トーレスは移籍後即先発

ゲキサカ / 2015年1月8日 7時0分

[コパ・デル・レイ]アトレティコがマドリードダービー先勝…F・トーレスは移籍後即先発

[1.7 コパ・デル・レイ5回戦第1戦 A・マドリー2-0R・マドリー]

 コパ・デル・レイ5回戦(ベスト16)第1戦が7日に各地で行われ、アトレティコ・マドリーがレアル・マドリーをホームに迎えるマドリードダービーが行われた。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半13分にアトレティコが先制。さらに1点を追加したアトレティコが2-0の勝利を収めた。

 4日に行われたリーガ第17節でバレンシアに敗れ、公式戦の連勝が22でストップしたレアルはFWクリスティアーノ・ロナウドをベンチスタートさせ、対するアトレティコはミランから期限付き移籍で加入したばかりのFWフェルナンド・トーレスを先発起用して試合を迎えた。

 いきなりチャンスを作ったのはアウェーのレアルだった。前半1分、MFハメス・ロドリゲスのCKからDFセルヒオ・ラモスが強烈なヘディングシュートを放ったが、GKヤン・オブラクのファインセーブに阻まれて先制点を奪うには至らない。

 前半14分にはJ・ロドリゲスのFKをFWガレス・ベイルがヘッドで合わせてネットを揺らしたが、オフサイドの判定に取り消された。その後もレアルが主導権を握ったもののアトレティコの堅い守備を崩し切れず、カウンターからレアルゴールに迫ったアトレティコも好機を生かせずに0-0のまま前半終了のホイッスルが吹かれた。

 前半のボール支配率が70%を超えたレアルが後半もボールを保持する時間が長かったものの、後半13分にアトレティコがビッグチャンスを迎える。スローインを受けようとしたMFラウール・ガルシアがPA内でS・ラモスに倒されてPKを得ると、このPKをR・ガルシア自らが沈めてアトレティコが先制に成功した。

 先制直後の後半15分にF・トーレスをベンチに下げたアトレティコに対し、同18分にレアルはC・ロナウドをピッチに送り込んで反撃を試みる。しかし、スコアを動かしたのは再びアトレティコだった。後半31分、MFガビの蹴り出したCKをDFホセ・ヒメネスがヘディングで決めてリードを2点差に広げた。

 その後、猛攻を仕掛けたレアルだったが、最後までアトレティコの守備を崩せず。2-0のまま逃げ切ったアトレティコが先勝し、第2戦は15日にレアルのホームで行われる。

▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング