[DFB杯]ボルフスブルクが20年ぶりの決勝へ、香川ドルトムントと対戦

ゲキサカ / 2015年4月30日 18時52分

[DFB杯]ボルフスブルクが20年ぶりの決勝へ、香川ドルトムントと対戦

[4.29 DFBポカール準決勝 ビーレフェルト0-4ボルフスブルク]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は29日、準決勝の1試合を行い、ボルフスブルクが3部のビーレフェルトに4-0で勝利し、決勝戦進出を決めた。

 今季ブンデスリーガ2位と好調のボルフスブルクは序盤こそ格下相手に苦戦を強いられたが、前半8分にMFマキシミリアン・アーノルドが先制点を挙げると、前半32分にFKの流れからMFルイス・グスタボが追加点を挙げ、2-0と突き放す。前半の勢いのままに後半6分にMFイバン・ペリシッチが決めて、3-0。後半10分にアーノルドがこの日2点目を挙げて、4-0と快勝した。

 20年ぶり、クラブ史上2度目の決勝進出を決めたディーター・ヘキンク監督は、ブンデスリーガ公式サイトによると、「選手たちはとても集中していた。決勝の相手は誰でも構わない。とても感動的な試合になるだろう。優勝するために全力を尽くしたい」と意気込みを語った。

 なお、決勝戦は5月30日にベルリンで行われ、前日28日にバイエルンとのPK戦を制したMF香川真司の所属するドルトムントと対戦する。
▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2014-15特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング