新潟サポ同士が埼スタでトラブル…人物特定に協力呼びかけ

ゲキサカ / 2015年7月3日 21時11分

新潟サポ同士が埼スタでトラブル…人物特定に協力呼びかけ

 アルビレックス新潟は3日、6月27日に埼玉スタジアムで行ったJ1第1ステージ第17節の浦和戦で、サポーター同士のトラブルがあったと公表した。トラブルがあったのはビジター応援エリア内で、クラブは公式サイトで「埼玉スタジアム2002でご観戦されたすべての皆様、運営主管である浦和レッズ様をはじめ多くの方々にご迷惑をお掛けしたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 クラブは今後の対応について、「当事者双方と個別に面談を行い、当日の状況・事実確認を行った後に、Jリーグ統一禁止事項またはクラブ禁止行為に抵触する事実が認められた場合、厳正な処分を下す予定」と説明。ただ現時点では、当事者1名とは連絡が取れているが、もう一方の人物を特定できていない状況だという。人物が特定でき次第、早急に事実確認を行う予定だとし、早期解決に向けて協力を呼びかけた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング