最新FIFAランク発表:コパ準Vのアルゼンチンが約7年ぶりに首位浮上、日本は2つ上げて50位

ゲキサカ / 2015年7月9日 17時33分

最新FIFAランク発表:コパ準Vのアルゼンチンが約7年ぶりに首位浮上、日本は2つ上げて50位

 国際サッカー連盟(FIFA)は9日、最新のFIFAランキングを発表した。日本は順位を2つ上げて50位となった。

 チリで開催されたコパ・アメリカで上位の国が順位を大きく上げている。優勝したチリは順位を8つ上げて11位に。準優勝に終わったアルゼンチンは2008年6月以来、約7年ぶりの1位に浮上している。また、3位のペルーは15個順位を上げて46位、4位のパラグアイは29個順位を上げて56位となった。

 その他にはEURO予選でベルギーに勝利した(1-0)ウェールズが10位に浮上。ルーマニアが12位から8位、イングランドも6つ上げて9位となった。一方でドイツが2位、イタリアが17位、フランスにいたっては9位から22位にそれぞれ順位を下げた。

 なお、次回発表は8月6日を予定している。

上位20チームの順位は以下のとおり
※()は前回順位 

1.(3)アルゼンチン
2.(1)ドイツ
3.(2)ベルギー
4.(4)コロンビア
5.(6)オランダ
6.(5)ブラジル
7.(7)ポルトガル
8.(12)ルーマニア
9.(15)イングランド
10.(22)ウェールズ
11.(19)チリ
12.(10)スペイン
13.(8)ウルグアイ
14.(18)クロアチア
15.(17)スロバキア
15.(20)オーストリア
17.(13)イタリア
18.(11)スイス
19.(21)アルジェリア
20.(16)チェコ
……………
38.(41)イラン
50.(52)日本
52.(58)韓国
59.(63)オーストラリア
69.(73)UAE

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング