終盤の失点でタイトル逃したバイエルン…ラーム「蓋をし忘れた」、ノイアー「腹が立つ」

ゲキサカ / 2015年8月2日 13時47分

終盤の失点でタイトル逃したバイエルン…ラーム「蓋をし忘れた」、ノイアー「腹が立つ」

 1日に行われたドイツスーパー杯でボルフスブルクと対戦したバイエルンはPK戦の末に4-5で敗れて、タイトルを逃した。

 後半4分にMFダグラス・コスタのグラウンダーのクロスの流れから、最後はFWアリエン・ロッベンが決めてバイエルンが先制。その後、追加点こそ奪えなかったものの、ボルフスブルクの反撃をしのぎ、試合は終盤に。しかし、このまま逃げ切るかと思われた同44分にFWニコラス・ベントナーに同点ゴールを許すと、PK戦の末に4-5で敗れた。

 クラブ公式ウェブサイトによると、チームを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は「言うまでもなくブンデスリーガ、ポカール、チャンピオンズリーグが大切だ。ただ、タイトルはタイトルに違いなく、残念だ」と悔しさを表している。

 また、DFフィリップ・ラームは「蓋をし忘れてしまい、最後は罰が当たった」と話し、GKマヌエル・ノイアーは「良い試合を見せたが、最後の1分で集中力が切れてしまった。腹が立つよ」とコメントを残している。

●ブンデスリーガ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング