開幕3戦無失点のリバプールがウエスト・ハムに3発完敗、今季初の黒星喫する

ゲキサカ / 2015年8月30日 7時45分

開幕3戦無失点のリバプールがウエスト・ハムに3発完敗、今季初の黒星喫する

[8.29 プレミアリーグ第4節 リバプール0-3ウエスト・ハム]

 プレミアリーグは29日、各地で第4節を行った。リバプールはホームでウエスト・ハムと対戦し、0-3で敗れ、今季初の黒星を喫した。

 試合は開始3分で動いた。ウエスト・ハムは右からMFディミトリ・ペイェが上げたクロスはDFマルティン・シュクルテルに跳ね返されるが、これをPA左で拾ったDFアーロン・クレスウェルがつないでMFマヌエル・ランシーニが右足で流し込み、先制に成功した。

 さらにウエスト・ハムは前半29分、右サイド深い位置でDFデヤン・ロブレンのミスタッチからボールを奪ったランシーニが中央へ切れ込み、折り返しからこぼれたボールをMFマーク・ノーブルが右足で流し込んで、2-0とリードを広げた。

 ここまでFWロベルト・フィルミーノのミドルがポストを叩く場面はあったもののなかなか決定機を作り出せないリバプール。後半開始からドイツ代表初選出のMFエムレ・カンを投入も流れを変えることができない。さらに後半7分にはMFコウチーニョがこの日2枚目の警告を受けて退場となり、数的不利を強いられる。

 後半34分にはウエスト・ハムのノーブルが退場となり、10対10となるが、同38分のMFジョーダン・ヘンダーソンの右CKからFWクリスティアン・ベンテケがヘディングシュート。これをロブレンが右足でコースを変えるもゴール上に外れ、1点が遠い。すると、後半アディショナルタイム2分にFWディアフラ・サコに追加点を決められて、試合終了。リバプールは開幕から3試合無失点だったが、ホームで0-3で敗れ、今季初の黒星を喫した。
●プレミアリーグ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング