マンUは逆転負けで今季初黒星…対スウォンジー戦3連敗

ゲキサカ / 2015年8月31日 6時45分

マンUは逆転負けで今季初黒星…対スウォンジー戦3連敗

[8.30 プレミアリーグ第4節 スウォンジー2-1マンチェスター・U]

 プレミアリーグは30日、第4節を各地で行った。マンチェスター・ユナイテッドは敵地でスウォンジーと対戦し、1-2で敗れた。ユナイテッドは今季初の黒星を喫し、昨季から対スウォンジー戦3連敗となった。

 ユナイテッドはMFアドナン・ヤヌザイが27日に負傷し、欠場。MFアンデル・エレーラがトップ下に入り、ボランチはMFバスティアン・シュバインシュタイガーとMFモルガン・シュネデルランが組んだ。前半2分、FWメンフィス・デパイのFKはGKルカシュ・ファビアンスキに防がれる。同21分にはデパイのパスを正面で受けたエレーラが反転から右へはたき、MFフアン・マタが左足シュートもゴール右へ外れた。

 序盤はユナイテッドの流れだったが徐々にスウォンジーへと傾く。前半25分、FKのサインプレーからMFギルフィ・シグルドソンが右足シュートもわずかに枠を外れる。同27分にはPA左でFWバフェティンビ・ゴミが相手2人をかわして倒れ込みながら右足シュートも左ポストをかすめ、チャンスをモノにできなかった。

 ユナイテッドは前半終盤に攻め込まれる時間が続き、スコアレスで折り返したが後半開始早々に試合を動かした。後半3分、左SBルーク・ショーがオーバーラップから上げたクロスをニアに飛び込んだFWウェイン・ルーニーがスルー。ファーサイドに走り込んだマタが右足で押し込み、先制に成功した。

 しかし、スウォンジーが食らいつく。後半16分、自陣でボールを奪ってカウンター。右へ展開されたボールを受けたシグルドソンが上げたクロスを勢いよくゴール前に走り込んだFWアンドレ・アイェウがヘディングシュートを叩き込み、1-1と試合を振り出しに戻す。さらに同21分、アイェウのスルーパスからゴミが裏を取り、PA右から右足シュートを決めて、一気に逆転に成功した。なお、ゴミは開幕から4試合連続ゴールとなった。

 逆転を許したユナイテッドは後半25分にMFマイケル・キャリックとMFアシュリー・ヤングを投入。同30分には今季開幕から3試合出場停止だったMFマルアン・フェライニも入れ、猛攻を仕掛ける。同43分には、自陣からのフィードを受けたルーニーがPA内で倒されるも笛は鳴らず、フェライニをターゲットとした攻撃も最後まで機能しなかった。試合はそのまま1-2でユナイテッドが敗戦。開幕からの無敗対決はスウォンジーに軍配が上がった。
●プレミアリーグ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング