[CL]悲劇に見舞われたマンUショー「強くなって戻ってくるよ」

ゲキサカ / 2015年9月16日 12時21分

[CL]悲劇に見舞われたマンUショー「強くなって戻ってくるよ」

[9.15 欧州CLグループリーグ第1節 PSV 2-1 マンチェスター・U]

 15日に行われた欧州チャンピオンズリーグ第1節でPSVと対戦したマンチェスター・ユナイテッドは前半41分にFWメンフィス・デパイの得点で先制しながらも、同47分と後半12分にゴールを献上して1-2の逆転負けを喫した。

 この試合の前半16分、DFルーク・ショーが悲劇に見舞われた。左サイドからスピードに乗ったドリブルで一気にPA内まで進入したショーだったが、DFエクトル・モレノの激しいタックルを受けて負傷。試合が約8分間中断されて処置を受けると、担架でピッチを後にすることとなった。

 クラブ公式ウェブサイトによると、ショーは重複骨折と発表され、チームを率いるルイス・ファン・ハール監督は「私は医者ではないから詳しくは分からないが、重複骨折ならば4~6か月は離脱することになるだろう。グループリーグで復帰できるとは思えない。今シーズン中の復帰を願っているよ」と話している。

 なお、ショーは自身のツイッターで「多くのメッセージをありがとう。この落胆した気持ちは言葉にできない。復帰までの道は今始まったばかりだけど、僕は強くなって戻ってくるよ」とコメントを残している。

●プレミアリーグ2015-16特集
●欧州CL15-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング