[国体少年男子]福岡は俊足エース、FW佐藤凌我が待望の初ゴール含む2発!

ゲキサカ / 2015年10月1日 7時57分

[国体少年男子]福岡は俊足エース、FW佐藤凌我が待望の初ゴール含む2発!

[9.30 国体少年男子準決勝 和歌山県 0-3 福岡県 上富田スポーツセンター球技場]

 福岡県は準々決勝まで無得点だったエースFW佐藤凌我主将(東福岡高2年)が抜群のスピードを発揮して2得点。前半23分、相手DFラインにできたギャップをついて左中間から斜めにゴール前に抜け出すと、MF平田怜のスルーパスを1タッチでゴールへ流し込んで先制点を挙げる。さらに後半2分にはショートカウンターから再び平田のスルーパスを引き出し、GKをかわして左足で2点目のゴールを決めた。

「裏に抜け出す動きとか練習でやっていることが、(今大会は)最初から3試合合わなかったんですけど、きょうはやっとタイミングとか合っていい形で2点取れた」と喜んだ。佐藤はこの後も巧みな動き出しとスピードでDFを振りきって決定機に絡んでいく。PAでのシュートミスもあってハットトリックを達成することはできなかったが、相手の脅威になり続けた。

 名門・東福岡期待の2年生ストライカーは高円宮杯プレミアリーグなどで出場機会を得てきたが、日本一に輝いた全国高校総体は登録メンバー落ち。大会期間中は悔しい思いを抱きながら国体選抜の活動に参加していたという。力不足でメンバー外となり、そこから変えてきた部分はゴールに対する貪欲な姿勢。「ゴールに貪欲に行く姿勢とか、ヒガシのコーチにも言われていた。点決めないと、FWは結果が求められるので貪欲に狙って行きたい」。今回の国体ではチームが白星を重ねる中で得点できなかったことを悔しがっていた。だが、今大会初得点を挙げたことで吹っ切れたことは間違いない。決勝でもそのスピードで王者・神奈川県を苦しめそうだ。

「あと1勝。ここまで広島戦とか苦しい試合もあったんですけど、チームもまとまって、あと優勝だけという形で進んでいる。バックラインが結構統一できていて、前からプレス行った時に中盤の選手とかが連動して自分たちが思ったように相手のボールを動かせて奪うことができている。(決勝もゴールを)狙っています。自分がゴールを決めればチームも勢いづくと思う。キャプテンとしても、早生まれとしても、(チームメートの)緊張をほぐしながらまとめて、『あと優勝だけ』とみんなに伝えていければと思います」。夏の悔しさも国体にぶつけるFWが、自身のゴールで日本一を決める。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
第70回国民体育大会「2015紀の国わかやま国体」特集ページ 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング