G大阪、決勝進出なら相手はUAEのアルアハリに決定

ゲキサカ / 2015年10月21日 16時36分

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は20日、準決勝第2戦を行い、アルアハリ(UAE)がアルヒラル(サウジアラビア)を3-2で下し、2試合合計4-3で初の決勝進出を決めた。11月7、21日に行われる決勝では、今日21日に準決勝第2戦を戦うガンバ大阪と広州恒大(中国)の勝者と対戦する。

 敵地での第1戦を1-1で引き分け、ホームに戻ってきたアルアハリ。前半を2点リードで折り返したが、後半はアルヒラルの反撃を浴び、後半6分、19分と立て続けに失点した。

 このまま2-2で引き分ければ、2試合合計3-3、アウェーゴール数の差でアルヒラルが決勝進出となる。ところが後半アディショナルタイム、アルアハリは韓国人MFクォン・ギョンウォンが劇的な勝ち越しゴールを決め、3-2で勝利。2試合合計スコアを4-3とし、初の決勝進出を決めた。

 決勝では11月7日にホームで第1戦を戦うアルアハリ。11月21日の第2戦がアウェーで、G大阪または広州恒大との対戦となる。
●ACL2015特設ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング