リバプールのクロップ監督、ミランへレンタル中のバロテッリへ興味か

ゲキサカ / 2015年10月26日 10時3分

リバプールのクロップ監督、ミランへレンタル中のバロテッリへ興味か

 リバプールのユルゲン・クロップ監督がミランへ期限付き移籍しているFWマリオ・バロテッリに興味を示しているようだ。英『デイリースター』が伝えている。

 ブレンダン・ロジャース前監督から見限られたバロテッリ。今夏に無償でのレンタルでリバプールから古巣・ミランへ復帰した。ここまでのセリエAでは2試合に先発し、2試合に途中出場。4戦1得点を決めるも、現在は恥骨炎で戦線を離れている状況だ。

 バロテッリに近い関係者によれば、新たにリバプールの監督に就任したクロップ氏はバロテッリとの話し合いを求めており、将来についてどのように考えているのか本人に意見を聞きたがっているという。

 レンタル期間は今季いっぱいとなっており、シーズン途中で移籍を切り上げ、リバプールへ戻ることは現実的とはいえない。しかし、クロップ監督は“悪童”バロテッリをベストの状態に引き出せると感じており、接触を試みているようだ。

●プレミアリーグ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング