バランが左足太もも負傷…レアル、最終ラインで負傷者相次ぐ

ゲキサカ / 2015年11月26日 16時14分

 レアル・マドリーの最終ラインまたも負傷者が出たようだ。フランス代表DFラファエル・バランが、左足太ももを負傷したと、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 バランは25日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第5節のシャフタール戦に先発出場。しかし、前半32分に負傷し、DFダニーロとの交代を余儀なくされた。

 同紙によると、左足太ももを負傷したバランは27日に詳しい検査を行う予定となっており、29日に行われるリーガ・エスパニョーラ第13節のエイバル戦は欠場する見込みとなった

 レアルは、慢性的な肩の負傷に悩まされているDFセルヒオ・ラモス、左内転筋を痛めているDFマルセロと、守備陣に負傷者が相次いでいる。
●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング