[プレミアリーグEAST]鹿島ユースはトップ昇格の188cmCB町田が背後の危機消し去る

ゲキサカ / 2015年12月7日 15時4分

[12.6 高円宮杯プレミアリーグEAST第18節 市立船橋高 1-2 鹿島ユース グラスポ]

 優勝がかかった大一番。前半、緊張からかやや受け身のサッカーになってしまい、どこからしさを欠いた鹿島アントラーズだったが、その中でピンチを救っていたのがトップチーム昇格が決まっているU-18日本代表CB町田浩樹だった。

 前半10分、スルーパスで市立船橋高MF押尾大貴が抜け出しかけたが、スライディングタックルで触り、CKに逃れる。市立船橋はウイングプレーヤーに食いついてきたSBの背後のスペースを活用。そして中央に開きかけたスペースへパスを通してきた。前半30分過ぎには連続で相手にあわやのシーンをつくられた鹿島だが、この場面でも「(自分は)あんまり足速くない。ポジショニングとかで違いをつくらないといけない。成長できたと思います」という188cmDF町田が絶妙なカバーリング。大一番で相手に先制点を与えなかった。

 また特に前半は相手にCFとの競り合いで完勝。前線で起点を作らせなかった。先制直後にセットプレーで失点したことは反省点だが、それでも市立船橋にいい形でのシュートを打たせずに勝利に貢献。1年時から最終ラインを任されてきた町田は「1年の時は残留争いで2年の時も優勝から遠かった。1年のシーズン通して戦うのは難しいし、それでタイトル取れたのは大きいと思います」と高校年代最高峰のリーグ戦を制したことを素直に喜んでいた。

 12月12日にはG大阪ユースとのチャンピオンシップが行われる。G大阪にはMF高木彰人、MF堂安律というU-18日本代表のチームメートたちがいるが、警戒しつつも「楽しみです」とニヤリ。昨年のJユースカップ決勝で勝利している相手に対して「ポゼッション上手くて攻撃力がある。楽な試合ではない。Jユースと同じ展開になると思う。ガンバも成長していると思うんですけど、自分たちも成長している」という町田は、チームメートたちとともに相手以上の成長を示して高校年代日本一を勝ち取る。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
2015プレミアリーグEAST

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング