アンチェロッティ氏はマンUへの興味隠さず「どの監督も考える」

ゲキサカ / 2015年12月8日 10時32分

 前レアル・マドリー監督のカルロ・アンチェロッティ氏はプレミアリーグへの復帰、特にマンチェスター・ユナイテッドで指揮を執ることに興味を示している。英紙『インデペンデント』のインタビューで語った。

 09-10シーズンにチェルシーでプレミアリーグのタイトルを獲得したイタリア人指揮官は「プレミアリーグは環境や雰囲気という点でベストだ。競争力もある。私は戻りたいと思っている。特にあの雰囲気を味わうためにね」と、プレミアリーグ復帰を熱望すると同時に、「もちろん、どの監督もマンチェスター・ユナイテッドを率いることを考えるだろう」と、ユナイテッドへの関心を隠そうとしなかった。

「私は待ち続けるよ。良いプロジェクトを持つクラブが見つかるまでね。何をしているかって? 試合を見て、釣りをして……。来年の夏を待とう。私はシーズン途中で仕事を受けることはしない。だが、来年の夏からはまた働きたいと思っている」

 昨季からユナイテッドを指揮するルイス・ファン・ハール監督は3年契約が満了する17年夏に引退することも示唆しているが……。
●プレミアリーグ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング