アグエロ、ボルシアMG戦に間に合わず…ペジェグリーニ「回復するために時間が必要だ」

ゲキサカ / 2015年12月8日 15時22分

 マンチェスター・シティのマヌエル・ペジェグリーニ監督は、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが8日のUEFAチャンピオンズリーグ第6節ボルシアMG(ドイツ)を欠場することを明かした。クラブ公式サイトが伝えている。

 アグエロは11月28日に行われたプレミアリーグ第14節サウサンプトン戦に先発出場したが、後半19分にかかとを負傷し、FWウィルフリード・ボニーとの交代を余儀なくされていた。その後は公式戦を欠場していたアグエロの復帰はボルシアMG戦以降になるようだ。

 7日に記者会見に出席したペジェグリーニ監督は、「セルヒオは、怪我から回復しておらず、通常のプレーすることができない。回復するために時間が必要だ。深刻なものではないが、痛みが伴う怪我だ。今週中に復帰することを望んでいるが、明日以降どれくらい回復できるか様子を見ていく。普通に走れるようになれば、問題なくプレーできる」と軽傷であることを強調している。

 また、その他の負傷者の状況については、「コンパニ、デミチェリス、ナスリ、ザバレタとフェルナンドだ。デミチェリスは、アキレスの問題を抱えている。ストーク戦を戦う前から問題があったから、この試合で休ませることにした。2~3日で復帰できるだろう」と言及している。
●プレミアリーグ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング