メッシが「個人的な理由」で練習欠席も…バルサはメッシの負傷を否定

ゲキサカ / 2015年12月11日 14時35分

 バルセロナは10日、FWリオネル・メッシが個人的な理由で10日のトレーニングを欠席したと発表した。しかし、スペイン紙『スポルト』は怪我によるものではないと伝えている。

 9日のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第6節レバークーゼン(ドイツ)戦で、メッシが左太もも裏を抑える場面が度々確認されていた。ルイス・エンリケ監督はメッシをフル出場させたが、怪我の再発が心配されていた。

 同紙は、バルセロナはメッシが完璧に治癒していることを強調し、問題の仕草は「疲れによる反射的なものにすぎない」とメッシの怪我の可能性を否定したと報じている。

 バルセロナは12日のリーガ・エスパニョーラ第15節デポルティボ戦を終えると、日本へ移動し、クラブW杯を戦う。2011年以来、3度目の世界一を目指すバルセロナ。FWネイマールの準決勝欠場は免れないだけにメッシの離脱は避けたいところだ。
●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング