[皇后杯]自らにプレッシャー…有終V弾の澤「より一層悔いがなくなった」

ゲキサカ / 2015年12月27日 22時30分

[12.27 皇后杯決勝 新潟L 0-1 I神戸 等々力]

 誰もが期待した展開。それをやってのけるのがMF澤穂希というレジェンド選手だ。均衡がやぶれないまま迎えた後半33分、右サイドからMF川澄奈穂美が上げたCKに、猛然と背番号8が走り込む。高い打点で合わされたヘディングシュートは、歓喜を呼び込む決勝弾となった。

「現役最後の試合である皇后杯で、目標だった優勝を達成することができてうれしく思います。ずっと狙っていたゴールも決めることができてうれしい。最後に有終の美を飾れたことは素直にうれしいです」

 今月17日に行った引退会見では「心と体のバランスの維持が難しくなった」と決断理由を語った澤。準決勝後には「しんどい」と話ながらも、引退を発表して迎えた最後の3試合すべてをフル出場で戦い終えた。

 ただやはり気になっていたのは、得点から遠ざかっていたことだった。準決勝後は周囲の期待も高まる中で、ことあるごとに発言。試合前日にはチームメートにも「今日の試合で点を取る」と宣言して、自らにプレッシャーをかけていた。

 そんな中で奪った最高のゴール。「今までみんなが得点をして決勝につれてきてくれたので、最後は自分が決めて、みんなの笑顔を見たいと試合前に言っていた。こういう形で終われてよかった」。現役に未練が残ったのではとの問いには、「今日の試合を終えて、より一層、悔いがなくなった」と言ってのけた。

 今後については、「まずは心と体を休ませてから」と話した。ただ、2月には五輪アジア予選が大阪で開催されるように、来年は女子サッカー界にとっても大事な年になる。「結果がすべてだと思う」。言葉よりも結果で示すことの大切さを最後の最後でも示した日本女子サッカー界のレジェンド。「自分自身はこれからもサッカーに関わっていくつもりなので、みんながいい環境でサッカーができるように、みんなの力になれるように頑張りたい」。澤のキャリアには一旦の終止符が打たれたが、まだまだ日本女子サッカー界は澤の導きを必要としている。

(取材・文 児玉幸洋)
●第37回皇后杯特設ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング