チェルシー指揮官がテリー退団に言及「何も決まっていないし、扉は開いている」

ゲキサカ / 2016年2月3日 19時21分

チェルシー指揮官がテリー退団に言及「何も決まっていないし、扉は開いている」

 今季限りでの退団を示唆したチェルシーのDFジョン・テリーについて、残留の可能性は残さていると、フース・ヒディンク監督が主張している。英『BBC』が報じている。

 テリーは1月31日、今夏チェルシーとの契約が満了するが、同クラブから更新のオファーがないことで今季限りでの退団を示唆。退団の場合は、アメリカや中国、カタールへ移籍する可能性が高いとみられている。

 しかし、ヒディンク監督によると、チェルシーはまだテリーとの契約延長について議論しているところだという。「少し驚きではあったが、クラブ側は彼との対話を望んでいる。扉は開かれているよ。まだ何も決定していないし、扉は閉まっていないんだ」と、オファーに至っていない現状を説明した。

 また、現在35歳のテリーだが、年齢や選手としての衰えが今回のような騒動を起こしたとは考えていない。「彼はとてもコンディションが良い。普通の35、36歳のそれとは思えないよ。普通それぐらいの年になると、少し動きが遅くなって、ペナルティエリアではレッドカードをもらってしまう可能性が上がるものだ。しかし、そういうのはジョンには当てはらまない。彼のパフォーマンスは優れている」と、14歳からチェルシーに在籍するテリーを褒めたたえた。
●プレミアリーグ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング