[新人戦]鹿児島城西が2連勝で予選リーグ第3ブロックの首位と決勝T進出決定、3チームによる2位争いに:九州

ゲキサカ / 2016年2月13日 6時16分

 平成27年度九州高校(U-17)サッカー大会(鹿児島)は12日、予選リーグ第1節と第2節を行った。

 名護高(沖縄1)、海星高(長崎2)、鹿児島城西高(鹿児島2)、熊本国府高(熊本1)の4チームによって争われている第3ブロックは鹿児島城西が2連勝でブロック1位と決勝トーナメント進出を決めた。

 地元・鹿児島の鹿児島城西は熊本国府との初戦を2-0で勝利。後半17分にMF松本順也のアシストからMF妙圓園拓真が先制ゴールを決めると、26分にもMF星原智のアシストから交代出場のFW福島有貴が決めた。鹿児島城西は名護との第2戦も2-0で制していち早く8強入りを果たしている。

 名護と海星との試合は前半15分に名護の10番MF大嶺良幸が先制ゴール。だが、海星はMF古川力が同点ゴールを決めて1-1で引き分けた。また海星対熊本国府は0-0で引き分け。決勝トーナメントへ進出する2位争いは勝ち点2の海星を同1の名護と熊本国府が追う形となっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング