神奈川大新入部員、星稜GK坂口、市船CB白井の日本高校選抜コンビやSB吉川、FW櫻井、FW鳥島ら

ゲキサカ / 2016年2月29日 12時36分

神奈川大新入部員、星稜GK坂口、市船CB白井の日本高校選抜コンビやSB吉川、FW櫻井、FW鳥島ら

 昨季関東大学1部リーグ11位で今季は関東大学2部リーグで戦う神奈川大が、2016年度新入部員を発表した(関東大学サッカー連盟協力)。

 ともに日本高校選抜のGK坂口璃久(星稜高)とCB白井達也(市立船橋高)をはじめ、実力者たちが加入する。坂口は2年生だった14年度の全国高校選手権で星稜初の日本一に貢献。15年度の選手権でもチームを4強へ導いた高体連屈指のGKだ。また白井は名門・市立船橋のDFリーダー。攻守に置いてゴール前で強さを発揮するCBだ。

 また、夏冬全国16強の帝京三高で主将を務めたDF木村祥太郎、名門・韮崎高で主将を務めたDF秋山駿介、そしてプリンスリーグ四国王者・徳島市立高のDF吉川航平はいずれもタフネス、スピード、身体能力といった突き抜けた武器を持つ注目SBだ。

 中盤は日本クラブユース選手権(U-18)大会で3得点を挙げてジェフユナイテッド千葉U-18の3位に貢献したMF大塚一輝とドリブル武器のMF沼野誠也(清水エスパルスユース)、全国高校総体16強の日大藤沢高の10番、MF蛭田悠弥、桐光学園高の左利きの司令塔・安田光希、麻布大附高で主将を務めたMF後藤祐哉、そしてU-18フットサル日本代表候補のMF高橋響(帝京長岡高)も神大へ進学する。

 またFWの2人も東北、北信越地域トップクラスのストライカー。国体でも活躍したFW櫻井敬正(仙台育英高)は抜群のキープ力も持つ点取り屋で、FW鳥島佑紀(新潟西高)はダイナミックなドリブルなどに注目が集まる。

以下、神奈川大の16年度新入部員
▽GK
坂口璃久(星稜高)

▽DF
木村祥太郎(帝京三高)
白井達也(市立船橋高)
秋山駿介(韮崎高)
吉川航平(徳島市立高)

▽MF
高橋響(帝京長岡高)
後藤祐哉(麻布大附高)
安田光希(桐光学園高)
大塚一輝(ジェフユナイテッド千葉U-18)
沼野誠也(清水エスパルスユース)
蛭田悠弥(日大藤沢高)

▽FW
櫻井敬正(仙台育英高)
鳥島佑紀(新潟西高)

[写真]2年時に高校日本一も経験している星稜GK坂口は神大へ

※2月29日発表分。関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、大学によっては一般入学等によって新入部員が増える可能性があります。また諸事情により、公表されない大学もあります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング