来季シティを指揮するグアルディオラ、ノイアーの引き抜きを検討か

ゲキサカ / 2016年3月4日 16時55分

来季シティを指揮するグアルディオラ、ノイアーの引き抜きを検討か

 来季からマンチェスター・シティを指揮するジョゼップ・グアルディオラ監督が、現在指揮しているバイエルンからGKマヌエル・ノイアーの引き抜きを検討しているようだ。英『ミラー』が報じている。

 シティは来季に向けてチームの戦力整理を計画しており、エバートンのDFジョン・ストーンズやバルセロナのMFセルヒオ・ブスケツ、レアル・マドリーのMFイスコらへの関心が報じられている。その一方で、MFヤヤ・トゥレらの放出も検討され、シティの正守護神であるジョー・ハートも例外ではないようだ。

 グアルディオラ監督はフィールドプレーヤーと同レベルの足もとの技術を要求しており、ハートのパフォーマンスが自身の哲学にそぐわないと判断すれば、バイエルンからノイアーの獲得に動く可能性があるという。

 一部報道では、グアルディオラ監督はバイエルンから選手を引き抜かないと、クラブと口頭合意していると報じられている。現在29歳のドイツ代表GKの契約は2019年までとされているが、すでに契約延長の交渉が行われるとのこと。世界最高のGKとの呼び声が高いノイアーが、指揮官とともに活躍の場をプレミアリーグに移すことになるのだろうか。
●プレミアリーグ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング