バルサから得点のエルネニー、リーグ戦に切り替え「集中することが必要」

ゲキサカ / 2016年3月17日 18時4分

バルサから得点のエルネニー、リーグ戦に切り替え「集中することが必要」

[3.16 欧州CL決勝T1回戦第2戦 バルセロナ3-1アーセナル]

 アーセナルは16日、バルセロナ(スペイン)とのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の決勝トーナメント1回戦第2戦で1-3で敗れ、2試合合計1-5で6季連続となるベスト16での敗退が決まった。2試合合計で唯一の得点を決めたMFモハメド・エルネニーが試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

 今冬加入も第1戦の出場はなかったエルネニー。第2戦で移籍後初の欧州CL先発を果たすと、0-1で迎えた前半38分の決定機は決めきれなかったが、後半6分にFWアレクシス・サンチェスの横パスを右足ダイレクトでゴール右隅に突き刺し、反撃の狼煙を上げた。しかし、チームはその後2失点を喫し、逆転での8強入りとはならなかった。

「今日は自分のプレーに満足しているけど、結果には満足していない。出来る限りのことをやった。もちろん、我々は負けてしまったんだけど、チームはベストを尽くしたと思う。我々の対戦相手はビッグチームだ」

 これでアーセナルは13日のFA杯準々決勝ワトフォード戦に続いて、カップ戦の敗退が決まった。「まだプレミアリーグが残っている。集中することが必要だ。あと9試合。うまくいけば、きっと勝利することができる」。19日にエバートンと対戦するアーセナル。アーセン・ベンゲル監督の解任説も報じられているが、残りの試合でタイトル獲得となるだろうか。
●プレミアリーグ2015-16特集
●欧州CL15-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング