素晴らしい関係とは言いますが…メッシ「マラドーナとは2010年から喋っていない」

ゲキサカ / 2016年3月29日 20時48分

素晴らしい関係とは言いますが…メッシ「マラドーナとは2010年から喋っていない」

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、元アルゼンチン代表監督のディエゴ・マラドーナ氏との関係性について語った。

 2010年の南アフリカW杯でアルゼンチン代表を指揮したマラドーナ氏は、選手としてもアルゼンチンに多くのタイトルをもたらした。比較されることの多いメッシは、優勝に導いたことがないという面で、たびたび批判を浴びることがある。

 『ESPN』によると、はエジプトのテレビ番組内でメッシは、「僕らは長い間喋っていない。2010年のW杯の時からね。あれから道端で1度か2度すれ違ったかもしれないけど」と、“意味深コメント”。

 しかし関係性が悪化しているわけではないと強調。「彼には彼の生き方があって、僕もしかりだ。僕らはまったくあれから話していない。ただ、互いにまったく話さないといっても、彼とは素晴らし関係にあるよ」と補足した。
●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング