1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

[CL]CR7に不可能はない…困難ミッションも圧巻ハットで完遂「今日は魔法の夜」

ゲキサカ / 2016年4月13日 11時4分

[CL]CR7に不可能はない…困難ミッションも圧巻ハットで完遂「今日は魔法の夜」

[4.12 欧州CL準々決勝第2戦 R・マドリー3-0ボルフスブルク]

 改めてこの男を認めざるを得ない。FWクリスティアーノ・ロナウドは12日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝第2戦、ボルフスブルク(ドイツ)とのホームでの第2戦で、ハットトリックを記録。2戦合計スコアを3-2と逆転し、レアル・マドリー(スペイン)を6大会連続の4強へと導いた。

 厳しいとの見方をいとも簡単に覆した。組み合わせの段階では、“相手に恵まれた”とまで言われた準々決勝。しかし敵地での第1戦を0-2で落とすと、メディアはジネディーヌ・ジダン監督の責任論まで問いただした。過去のデータを引っ張り出し、ホームと言えど、0-2からの逆転ミッションが非常に困難であることを裏付けていた。

 そんなデータもこの男には一切通用しなかった。CR7は前半16分に先制点を挙げると、そのわずか1分後にヘディングシュートを決める。電光石火の連続ゴールで2戦合計スコアをタイに戻すと、後半32分、ゴール正面で得たFKを直接突き刺し、ベスト4を手繰り寄せた。『マルカ』が試合後のロナウドのコメントを伝えている。

「今日は魔法の夜にしなければいけなかったし、それができた。試合への入り方が良かった。チーム全体で相手に強烈なプレッシャーをかけることができていた。完璧な試合だったよ。自分の試合の中でベストの一つだったとは思う」

「みんなは僕のことを強く批判していたけど、シーズンの始まりが酷かったからね。それも受け入れているよ。みんなが見慣れたレベルに達していなかった。僕も負傷という問題を抱えていたけど、それを言い訳にするつもりはない。でも自分のパフォーマンスはベストの状態に近づいてきた。数字がそれを物語っているはずだ。シーズン終了に向けて、これからどんどん良くなると考えると嬉しいし、そうなるようにしていきたい」

 次は準決勝。抽選会は日本時間4月15ひ18時30分から行われる。4強の相手について、ロナウドは次のように話している。

「希望?ベンフィカだ。もしポルトガルのチームが上がってきたら、ポルトガルでプレーしたいね」

●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング