ガビ、ハンドを認めるも「エリア内だったかはわからない」

ゲキサカ / 2016年4月14日 12時26分

ガビ、ハンドを認めるも「エリア内だったかはわからない」

[4.13 欧州CL準々決勝第2戦 A・マドリー 2-0 バルセロナ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は13日、準々決勝第2戦を行った。アトレティコ・マドリー(スペイン)はホームでバルセロナ(スペイン)と対戦し、2-0で勝利。2試合合計3-2として準決勝進出を果たした。

 敵地での第1戦を1-2で落としたアトレティコ。前半36分に右サイドからMFサウール・ニゲスが上げたクロスを、ゴール前でフリーで待ち構えていたグリエーズマンがヘッドで叩き込み、先制に成功する。2戦合計2-2でアウェーゴール差で上回ったが、終了間際の後半43分にグリエーズマンがPKを決めて、2-0の完封勝利を収め、2試合合計3-2として逆転でのベスト4進出を決めた。

 スペイン『アス』によると、MFガビは「僕らのチームは全力を出し切ったと思う。守備も良かったし、カウンターも見事だった。チャンスを作り出してクロスバーに当たる場面もあった。準決勝に進出できたのは嬉しいよ」と喜びを語った。

 また、終了間際の自身のハンドについても言及。MFアンドレス・イニエスタのクロスボールがガビの手に当たり、主審はFKをバルセロナに与えたが、バルセロナの選手はPA内でのハンドだったと猛抗議。しかし、判定は変わらなかった。「あれはハンドだった。審判はエリア外とみなしてFKを与えたけど、あのハンドがラインの外側か内側かはわからない。審判の判断が味方してくれることもあれば、そうでないときもある」と話すにとどめた。

 アトレティコはこれで2シーズンぶりの準決勝進出を決めた。「それ(欧州CL制覇)を言うのは早過ぎるよ。僕らはまだ準決勝に進出しただけだ。決勝ですらない。この調子でやり続けて、抽選の結果を待つだけさ」と1試合1試合集中して戦っていくことを誓った。
●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集
●欧州CL15-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング