1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

本の中にチケット?町田が4・23『サン・ジョルディの日』にちなみ読書推進企画を実施

ゲキサカ / 2016年4月15日 15時50分

本の中にチケット?町田が4・23『サン・ジョルディの日』にちなみ読書推進企画を実施

 FC町田ゼルビアが、4月23日(土)のホームで行われるV・ファーレン長崎戦において、『サン・ジョルディの日(本の日)』企画を実施すると発表した。

 4月23日はスペイン・カタルーニャ地方におけるキリスト教の聖人・聖ゲオルギオス(サン・ジョルディ)の聖名祝日で、「本の日」とも呼ばれている。スペインからの提案で国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) では同日が「世界図書・著作権デー」(世界本の日)と制定され、日本でも「子ども読書の日」と定められている。

 これにのっかる形で今回、ゼルビアは町田市立図書館と連携し、『サン・ジョルディの日(本の日)』企画と題して様々な盛り上げイベントを実施する。

 中でも面白いのが、図書館内の本の中に観戦チケットが入ってるというもの。図書館利用者が本を借りようと手に取ると、そこには封筒が挟み込まれ、中にはペアでの観戦チケットと試合の案内が入っているという、ちょっとおしゃれな企画となっている。

 その他にも町田市内図書館の利用券を持っている人は、町田市在住ではなくても、ワンコイン500円でホーム自由席が購入できる。

 また、『サン・ジョルディの日(本の日)』は親しい人に本を贈るという儀式もあり、同日は試合会場の町田市立陸上競技場に移動図書館が設置され、そこで約1,000冊の本がプレゼントされるという。

 町田側の担当者は「これを機会に、ゼルビアサポーターの皆様にはより本や図書館に、読書家の皆様にはゼルビアについて、関心をもっていただけたらと思っております」とコメントしている。

 以下、『サン・ジョルディの日(本の日)』企画詳細

4月23日(土)13:00キックオフのFC町田ゼルビアvsV・ファーレン長崎が『サン・ジョルディの日(本の日)』に開催されることから実施します。
協力:町田市立図書館(https://www.library.city.machida.tokyo.jp/)

【主な企画内容】
☆新規利用登録(利用券発行)で観戦チケットプレゼント!
▽内容
中央図書館にて新規利用登録(利用券発行)をされた方に先着でペア30組に、23日の長崎戦の観戦チケットをプレゼントします。
▽期間
4月15日(金)の開館から4月22日(金)の閉館までとなります。

☆野津田に移動図書館「そよかぜ号」が来る!
▽内容
23日の長崎戦が開催される町田市立陸上競技場(野津田公園)のイベント広場(通称:ゼルビーランド)に移動図書館「そよかぜ号」が来ます!約3,000冊の本が乗っています!
▽時間
4月23日(土)10:00から13:00までとなります。

☆移動図書館「そよかぜ」号で本をプレゼントします!
▽内容
23日の長崎戦において、移動図書館「そよかぜ号」にお越しいただいた方に、図書館のリサイクル本を差し上げます!いろいろなジャンルの本がありますよ!
▽配布場所
町田市立陸上競技場(野津田公園)のイベント広場(通称:ゼルビーランド)に設置された移動図書館「そよかぜ号」。約1,000冊の本をご用意しています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング