アンリ氏、古巣アーセナルにレスター快進撃の立役者カンテ獲得を提言

ゲキサカ / 2016年4月23日 15時14分

アンリ氏、古巣アーセナルにレスター快進撃の立役者カンテ獲得を提言

 元フランス代表FWティエリ・アンリ氏が、古巣アーセナルはレスター・シティのフランス代表MFエンゴロ・カンテを今夏に獲得すべきだと主張している。英『デイリー・エクスプレス』が報じている。

 カンテはレスター大躍進の立役者の一人で、先月の国際親善試合ではフランス代表に初招集された。さらにイングランド・プロサッカー選手協会(PFA)の今季年間ベストイレブンに選出され、最優秀選手賞にもノミネートされている。そんなカンテに対してはアーセナルのほか、トッテナムやチェルシーなどが関心を示している。

 アーセナルはMFトマシュ・ロシツキー(35)とMFミケル・アルテタ(34)、MFマシュー・フラミニ(32)の中盤3選手の契約は今季までとなっており、今夏の退団が濃厚とみられている。そのため、中盤の補強が必要不可欠となっている。これまでドルトムントのMFヘンリク・ムヒタリアンや、ボルシアMGのMFグラニト・ジャカへの関心が報じられているが、アンリ氏は同郷のカンテを推しているようだ。

「ここぞという時に決めてくれるストライカーの獲得も考えた方が良いと思う。あと、カンテも良いし、(今夏の獲得候補として)何人か名前を挙げることができるね」。なお、カンテのレスターとの契約は2019年6月までとなっており、2000万ポンド(約32億円)の契約解除条項が存在するといわれている。
●プレミアリーグ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング