ブラジル人コンビ躍動の神戸が4発逆転勝利! 磐田は今季アウェー初黒星

ゲキサカ / 2016年5月4日 18時4分

[5.4 J1第1ステージ第10節 神戸4-1磐田 ノエスタ]

 J1リーグは4日、第1ステージ第10節を各地で行った。ノエビアスタジアム神戸ではヴィッセル神戸とジュビロ磐田が対戦し、4-1で神戸が4試合ぶりの勝利をおさめた。一方の磐田は3連勝とはならず、今季アウェー初黒星となった。

 立ち上がりから積極的にシュートを放った両チーム。磐田は前半2分、右サイドで細かくパスをつないでDF小川大貴がクロスを供給すると、MF齊藤和樹がヘッドで合わせたが左ポスト直撃。これは得点につながらなかったが同7分に先制点を奪う。MF小林祐希が中盤でボールを奪ってカウンター発動。齊藤のラストパスで抜け出したFWアダイウトンが冷静にゴール左隅に流し込み、スコアを1-0とした。

 ホームの神戸も負けていない。前半15分、PA内右深くまでえぐったFWペドロ・ジュニオールが中央に折り返すと、ニアに走り込んだFWレアンドロが滑り込みながら右足で押し込み、早々に試合を振り出しに戻す。前半終了間際にはDF東隼也、ペドロと立て続けにシュートを放ったが、GKカミンスキーのファインセーブに阻まれ、逆転とはならなかった。

 それでも神戸は後半3分、右サイドからMF藤田直之がロングスローを入れると、ニアでDF岩波拓也がヘッドでフリック。これに反応したレアンドロが右足で押し込み、2-1と逆転に成功する。その後は磐田の反撃を受けたが、GKキム・スンギュの好セーブでしのぐと同40分、藤田がPA内左から折り返したボールをペドロが左足でゴールに流し込み、3-1。同44分にはMF田中英雄が獲得したPKをFW渡邉千真がしっかり決め、4-1で神戸が快勝した。

 2得点を挙げ、勝利に大きく貢献したレアンドロは試合後のヒーローインタビューで「始まる前から難しい試合になることはわかっていた。先制されて難しい試合になってしまった中でチームみんなが気持ちを強く持って逆転することができた。得点できたこと、勝利につながったことはうれしい。この試合の勝利を自信に変えて次も頑張りたい」と意気込んだ。
●[J1]第1ステージ第10節 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング