[総体]選手権8強の明徳義塾はPK戦の末に準々決勝進出、新人戦覇者の高知は高知高専に敗れる:高知

ゲキサカ / 2016年5月16日 18時13分

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」サッカー競技(広島)高知県予選は15日、2回戦を行い、ベスト8が決まった。

 昨年度の全国高校選手権で8強入りした明徳義塾高は1-1で突入したPK戦の末、高知中央高に5-3で勝利。また2年ぶりの優勝を狙う高知商高が5-0で宿毛工高を下した一方、ウィンターカップ(新人戦)優勝校である高知高が高知高専にPK戦で敗れて初戦敗退を喫している。

 21日の準々決勝は、高知高専対高知東高、土佐高対高知商、高知学芸高対高知丸の内高、高知西高対明徳義塾の4試合が行われる。

【高知】
[2回戦](5月15日)
高知高 0-0(PK3-5)高知高専
高知東高 0-0(PK8-7)高知南高
土佐高 4-0 安芸高
宿毛工高 0-5 高知商高
高知工高 0-2 高知学芸高
高知小津高 0-3 高知丸の内高
高知西高 1-0 岡豊高
明徳義塾高 1-1(PK5-3)高知中央高

[準々決勝](5月21日)
高知高専 - 高知東高
土佐高 - 高知商高
高知学芸高 - 高知丸の内高
高知西高 - 明徳義塾高▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2016

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング