C大阪から名古屋移籍のMF扇原、最長6週間の離脱

ゲキサカ / 2016年7月18日 13時15分

[故障者情報]

 名古屋グランパスは18日、MF扇原貴宏が左第3および第4腰椎横突起骨折で全治約4~6週間と診断されたと発表した。

 今夏にC大阪から名古屋へ移籍したばかりの扇原。13日に行われた鹿島戦で先発するも、前半のみで交代。この試合で負傷しており、単純レントゲン検査、CT検査、MRI検査を行った結果、負傷が判明した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング