1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

悪天候で3試合が延期に…初戦は関東&関西勢が“全勝”[総理大臣杯]

ゲキサカ / 2016年8月7日 0時9分

 大阪体育大(関西2)は新潟医療福祉大(北信越1)に3-2で勝利した。前半19分に先制されるが、後半32分に追いつき前半を終える。後半も点の取り合いとなり、1分に逆転するも、同42分に失点した。

 それでも2-2で延長戦突入かと思われた後半アディショナルタイム2分に勝ち越しゴール。MF池上丈二(4年=青森山田高)の右CKにDF羽田昇平(3年=金光大阪高)が頭で合わせるもクロスバーを叩く。こぼれに反応したDF菊池流帆(2年=青森山田高)が右足で押し込んだ。土壇場での勝ち越しで2回戦進出した。

 立命館大(関西3)は富士大(東北2)に3-0の完封勝利。びわこ成蹊スポーツ大(関西4)は松山大(四国2)を3-1で下した。先制後に一度追いつかれたが引き離した。

 常葉大学浜松キャンパス(東海3)は九州共立大(九州2)との死闘を制した。前半3分、44分に失点。追う展開となったが、前半終了間際の45分、アディショナルタイム1分にFW大野耀平(4年=帝京高)が連続ゴール。2-2で前半を折り返す。すると後半5分に大野が頭で落としたボールからMF本多峻弥(4年=磐田U-18)がネットを揺らす。これが決勝点となり、3-2で勝利した。

 中京大(東海1)は新潟経営大(北信越2)に1-1の末、PK6-5で勝利した。後半22分に失点したが、2分後にFW水野翔太(3年=東邦高)の浮き球のこぼれから、MF藤島樹騎也(2年=星稜高)がヘディングシュートを決めて追いついた。

 延長戦でも決着はつかず。PK戦では先攻の中京大が6人目まで全員が決める。後攻の相手6人目のシュートをGK川村慎(3年=清水桜が丘高)が止め、初戦突破を果たした。

 なお、日本体育大(関東6)対大阪学院大(関西6)、阪南大(関西5)対東海学園大(東海2)は中止であすへ順延。鹿屋体育大(九州1)と福山大(中国1)の一戦は、鹿屋体育大リードの1-0だった前半26分43秒に中断。あす“再開”されることになっている。

 【総理大臣杯1回戦】(8月6日)
[ヤンマースタジアム長居]
富士大(東北2) 0-3 立命館大(関西3)
[立]中野匠(53分=PK)、池松大騎(57分)、高畑智也(71分=補・藤本心)

桐蔭横浜大(関東1) 3-0 広島経済大(中国2)
[桐]佐藤碧(22分=補・石川大地)、石川大地(59分=補・佐々木俊輝)、イサカ・ゼイン(90分+3=補・浅沼大和)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング