名古屋が休養中の小倉隆史GM兼任監督の契約解除を発表

ゲキサカ / 2016年11月19日 21時48分

名古屋グランパスのGM兼任監督を契約解除となった小倉隆史氏

 名古屋グランパスは19日、休養中だった小倉隆史GM兼監督が今季をもって退団すると発表した。監督職は契約満了、GM職は契約解除となる。

 小倉氏は昨年6月に名古屋のGMに就任。今季よりGM兼任監督として指揮を執った。しかしチームは前半戦から低迷。クラブワーストのリーグ戦17戦未勝利という不名誉な成績を残すと、8月23日にクラブは事実上の解任となる休養を発表していた。

 その後、ジュロヴスキー監督の下でチームの立て直しを目指したが、クラブ史上初のJ2降格が決定している。
●2017年Jリーグ移籍情報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング