ニアンが2戦連続PK失敗…3位ミランは2位ローマに敗れる 本田は途中出場

ゲキサカ / 2016年12月13日 6時58分

ミランはニアンの2試合連続PK失敗が響いた

[12.12 セリエA第16節 ローマ1-0ミラン]

 セリエAは12日、第16節を行った。日本代表FW本田圭佑の所属する3位のミランは敵地で2位のローマと対戦し、0-1で敗れた。ミランは6戦ぶりの敗戦を喫した。

 ミランはMFユライ・クツカが出場停止、MFジャコモ・ボナベントゥーラが負傷欠場。前節のクロトーネ戦で5試合ぶりの出場を果たした本田の先発復帰にも期待が集まったが、この日もベンチからのスタートになった。

 上位対決は拮抗した展開となった。ミランは前半27分、エリア内でFWジャンルカ・ラパドゥーラが倒されてPKを獲得。しかしこれをFWエムベイェ・ニアンが枠右に外してしまう。ラパドゥーラがPKを獲得してニアンが外すという結果は、2試合連続となった。

 スコアが動いたのは後半に入ってからだった。17分、ローマはDFコスタス・マノラスが競り勝って頭で落としたボールにMFラジャ・ナインゴランが反応。ドリブルでゴール前まで持ち込むと、左足を豪快に振り抜き、先制点を奪った。

 反撃したいミランは後半39分に最後のカードとして本田を投入。本田はMFマリオ・パシャリッチと交代で入り、左MFでプレーした。本田は途中からポジションを右に変更。違いを生み出そうとする。しかしホームで今季無敗のローマの固い守備を最後まで崩すことは出来なかった。

●欧州組完全ガイド
●セリエA2016-17特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング