[NB×東福岡]MF鍬先祐弥「気を抜かないこと、そして最後まで集中し切ることは凄く大事」

ゲキサカ / 2016年12月28日 7時15分

[NB×東福岡]MF鍬先祐弥「気を抜かないこと、そして最後まで集中し切ることは凄く大事」

 第95回全国高校サッカー選手権が12月30日に開幕する。MF鍬先祐弥(3年)は昨年度の選手権で東福岡高の日本一に貢献。攻守の要として躍動したMFは自身も大会優秀選手に選出され、日本高校選抜の欧州遠征メンバーにも選ばれた。今冬、2連覇へ挑む注目MFにその意気込みを聞いた。

―福岡県予選決勝を6-0で勝利して選手権出場。今の心境は?
「正直、あんな大差で勝つとは思っていなかったです。でもインターハイで負けてからチームの調子が上がらない時が多くて、そこでたくさんミーティングを重ねてチームの共通理解を高めてやっていけて、足元を見つめ直して一戦一戦しっかり戦って行こうとみんなで言い合っていたので、結果的に6-0っていう結果になったのかなと思います」

―1点目は鍬先君がインターセプトしてスルーパスを出して、とイメージ通りのプレーもできていたのでは?
「自分として決勝戦は全く納得の行くプレーができていないんですけど。あそこで前に向かうプレーができたのは良かったかなと思います」

―優勝経験のある選手として、選手権を勝ち抜く難しさとは?
「東福岡はどこのチームからも標的にされると思うし、相手はがむしゃらにやってくる。相手は戦う気持ちをむき出しにしてやってくるので、そこで少しでも気を緩めたプレーをするとそこを突かれるので、気を抜かないこと、そして最後まで集中し切ることは凄く大事だなと感じます」

―勝った経験はやはり大きい?
「去年は凄く勝負強さがあって、みんな共通理解がしっかりできていて、チームプレーが凄く良かったと思う。それに加えて、個の力とか凄くバランスが取れていたのでその点は今年も引き継いてきているのかなと思います」

―去年並のチームになってきた?
「選手権の県予選では一戦一戦勝って行くにつれて、みんなのパフォーマンスが上がったり、連係も上がってきている。初戦が凄く内容悪くて2点しか取れなかったんですけど、ミーティングたくさん重ねてみんなの共通理解ができてきたのがデカイと思います」

―再び勝ち抜く強さが身についた
「まだ足りないと思います。最後のフィニッシュの質をもっとあげられると思う。決める時に決めることができれば、もっと試合を楽に運べるのかなと思います」

―今年の仲間への信頼もあると思うが? 個の部分では去年以上とも
「今のチームは、チームワークや連係が良くなってくると本当にどこにも負けないという自信があるんですけど、逆に個人のプレーだけに走り出したら結構バラバラになる傾向があるので、そこは気をつけたいですね」

―鍬先君自身、去年は個人としても評価を上げる大会になったが、今の自分はどうチームに貢献できると考えている?
「去年から出してもらっているので、自分がチームの中心としてしっかりとしたプレーをしなければいけないという気持ちがありますし、もっと自分がゲームをコントロールして勝利に導くことが大事だなと思います」

―去年の自分と、今の自分とを比べると?
「試合中、結構チームのみんなを鼓舞したり、そういうところが一番変わったと思います。去年の自分は引っ張ってもらっていたので、先輩たちに。そこが一番成長したかなと思います。まだ足りないですけど」

―チームメートたち3人がプロへ行くのは悔しさもあるのでは?
「悔しさもありますし、まだ今の自分の実力じゃプロ行っても通用しないというのがあるので、大学行って一から自分を見つめ直して力をつけていくことを目標にしているので、今は前向きな気持ちです」

―全国大会で戦いたいチームはある?
「昌平とやりたかったんですけど、昌平が予選で負けてしまったんで。今は目先の相手に集中するだけです」

―昌平に負けたインターハイのショックは大きかった?
「落ち込んでいたのももちろんですし、(優勝を目標に掲げていたので)恥ずかしいというか。みんなに顔を合わせられない、申し訳ないという気持ちが大きかったです。その後、怪我人も多く出てプレミアとかもベストメンバーで挑んだ試合がなかったのでなかなか上がらなかったんですけど、今はみんな戻ってきて上がってきていると思います」

―全国大会の目標を教えてください
「2連覇を達成することです。でも、インターハイで痛いほど分かったのでまずは目先の相手だけ。全力で戦い抜くってことは本当に大事だと思います」

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
【特設】高校選手権2016

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング