チーム紹介:桐光学園高(神奈川)

ゲキサカ / 2017年1月1日 23時31分

第95回全国高校サッカー選手権

桐光学園高(神奈川)
チーム紹介&注目選手↓
過去の全国大会成績↓
登録メンバーリスト↓
桐光学園高関連ニュース


桐光学園高写真ニュース
画▼全国大会日程
1回戦 0-2 長崎総合科学大附高(長崎)■出場回数
2年連続10回目■過去の最高成績
準優勝(96年度)■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体4強2回(96、10年)、プレミアリーグEAST出場など■監督
鈴木勝大■主将
DFタビナス・ジェファーソン■今季成績
[総体](県4強)
準決勝 1-2 横浜創英高
[リーグ戦]
プリンスリーグ関東2位(9勝4分5敗)
■予選成績
3回戦 1-0 日大藤沢高
準々決勝 2-1 桐蔭学園高
準決勝 3-0 座間高
決勝 1-0(延長)相洋高■都道府県予選決勝布陣&レポート
[4-4-2]
     倉持快
 西川公基
佐藤太一    鳥海芳樹
  桑原遥 田中雄大
タビナス        淡路昂宏
  望月駿介 田中拓実
     茂木秀
[レポート]
 初の決勝進出を果たした相洋高に対し、桐光学園は試合開始直後にいきなりクロスバーを叩くシュートを見舞うなど主導権を握って攻め続ける。だが31分に左SBタビナス・ジェファーソンが放ったターンからの左足シュートや、延長前半8分のFW西川公基とFW鈴木太我の連続シュートなど幾度もあった決定機を相洋GK田代将太郎にことごとく阻まれてしまい、またシュートがポストを叩く不運もあってリードを奪うことができない。また守りを固めつつMF関野元弥の左足ミドルなどでゴールを狙う相洋に苦戦を強いられた桐光学園だが、延長後半7分にクリアしようとしたDFと上手く入れ替わった西川が独走。GKとの1対1から右足シュートを決めて1-0で勝った。■チーム紹介
攻守にタレント擁し、なるか「俊輔越え」
 MF中村俊輔を擁した96年度の全国準優勝を越えて初の日本一を目指す神奈川の名門だ。今年は川崎F内定の左SBタビナス・ジェファーソン主将(日本高校選抜)やC大阪内定の195cmGK茂木秀、日本高校選抜MF鳥海芳樹、ともに年代別日本代表候補歴を持つMF田中雄大とFW西川公基ら前線から後方までタレントがズラリ。彼らが切り替えの非常に速い攻守と正確なパスワーク、そして個の強さも示して相手を上回る。総体予選こそ勝てば全国の決まる一戦で逆転負けを喫したが、プリンスリーグ関東では優勝した浦和ユースと2試合とも引き分け、川崎F U-18や東京Vユースに黒星をつけて2位に食い込んだ。昨年のエースFW小川航基まで抜きん出た存在はおらず、攻撃が単調になりすぎてしまう部分や選手層など気がかりな点もある。だが、地元神奈川での試合が続く大会序盤、声援を後押しに突破すれば、目標を達成するだけの力はある。■編集部イチオシ選手
主役宣言の素材系SB
DFタビナス・ジェファーソン(3年)
「川崎F内定、日本高校選抜。ガーナ出身の父とマレーシア出身の母を持つ左SBは相手をねじ伏せるような攻守で存在感を放つ。左足キック、長身を活かしたヘッドも武器。『DFでも言わせるぞ』という目標は大会の主役になること」
■注目選手
GK茂木秀(3年)
└C大阪内定。まだミスも多いが、経験を重ねて自信掴む。195cmの恵まれた体躯を活かしたハイボールの強さ、守備範囲の広さ、左足キックも特長
MF鳥海芳樹(3年)
└日本高校選抜。名門で2年時から10番を背負うMFは狭いスペースを縫うドリブル、スルーパスでゴールもたらす。昨年は注目FW小川にマークが集中する中で大活躍。今年は勝たせる存在に。
MF田中雄大(2年)
└鈴木監督が絶大な信頼を寄せる“桐光サッカーの申し子”。技術レベル高く、攻守の切り替えの速さ、得点力でも違いを示す。
MF桑原遥(3年)
└チームを支える貴重な存在。予測力高く、そのハードワークが名門には欠かせない
■過去の全国大会成績
【15年度 第94回(3回戦敗退)】
2回戦 3-0 長崎南山高(長崎)
3回戦 2-2(PK4-5)青森山田高(青森)
【13年度 第92回(3回戦敗退)】
2回戦 1-0 高知商高(高知)
3回戦 0-1 四日市中央工高(三重)
【12年度 第91回(4強)】
2回戦 4-2 四日市中央工高(三重)
3回戦 3-0 佐賀商高(佐賀)
準々決勝 2-1 作陽高(岡山)
準決勝 0-3 京都橘高(京都)
【11年度 第90回(3回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK5-4)初芝橋本高(和歌山)
2回戦 5-1 米子北高(鳥取)
3回戦 3-3(PK2-4)尚志高(福島)
【08年度 第87回(1回戦敗退)】
1回戦 0-2 立正大淞南高(島根)
【06年度 第85回(3回戦敗退)】
1回戦 1-0 大阪朝鮮高(大阪)
2回戦 1-0 九州国際大付高(福岡)
3回戦 1-2 神村学園高(鹿児島)
【96年度 第75回(準優勝)】
2回戦 2-1 初芝橋本高(和歌山)
3回戦 3-0 松商学園高(長野)
準々決勝 1-0 浦和市立高(埼玉)
準決勝 2-2(PK4-2)静岡学園高(静岡)
決勝 1-2 市立船橋高(千葉)
【95年度 第74回(1回戦敗退)】
1回戦 1-2 東福岡高(福岡)
【93年度 第72回(3回戦敗退)】
1回戦 2-0 米子東高(鳥取)
2回戦 1-0 徳島市立高(徳島)
3回戦 1-1(PK2-4)神戸弘陵高(兵庫)
■登録メンバーリスト
▼GK
1茂木秀
17丸山拓郎
21小関裕章
▼DF
2淡路昂宏
3望月駿介
5タビナス・ジェファーソン
6田中拓実
12内田拓寿
13山下幹
23金子開研
26加藤優太
27矢口聖真
28小林奏平
29渡邊寿哉
▼MF
4桑原遥
8佐藤太一
10鳥海芳樹
14田中雄大
15今井海斗
16阿部龍聖
19中野陽太
20渡辺大智
22発地麟太郎
25国谷敦史
30田中彰真
▼FW
7西川公基
9鈴木太我
11倉持快
18佐々木倫忠
24西牧蓮
▼関連リンク
【特設】高校選手権2016
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2016

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング