チーム紹介:岡山学芸館高(岡山)

ゲキサカ / 2017年1月1日 23時40分

第95回全国高校サッカー選手権

岡山学芸館高(岡山)
チーム紹介&注目選手↓
過去の全国大会成績↓
登録メンバーリスト↓
岡山学芸館高関連ニュース


岡山学芸館高写真ニュース
画▼全国大会日程
1回戦 0-1 山梨学院高(山梨)■出場回数
初出場■過去の最高成績
―■その他、過去の主な全国大会成績
全国高校総体出場3回■監督
高原良明■主将
MF野島奨■今季成績
[総体](全国1回戦敗退)
1回戦 0-3 京都橘高(京都)
[リーグ戦]
プリンスリーグ中国3位(10勝2分6敗)
[新人戦]
県優勝■予選成績
4回戦 4-0 林野高
準々決勝 5-1 倉敷翠松高
準決勝 3-2(延長)就実高
決勝 4-2 玉野光南高
■都道府県予選決勝布陣&レポート
[4-5-1]
    山河大将
加藤凜太朗   竹内盛真
    西山敢太
  野島奨 池平直樹
西崎剛司    木下紘希
 小川智大 森下基
    久保剛瑠
[レポート]
 連覇を狙う玉野光南高にいい形でボールを奪われて苦戦した岡山学芸館だが、後半2分に左CK後の攻防からMF野島奨がオーバーヘッド弾を決めて先制。さらに16分にはMF西山敢太からのラストパスを受けたMF竹内盛真が切り返しでDFを外して2点目のゴールを決める。玉野光南は直後に交代出場のFW緑川直生が左足ミドルを決めて1点差。だが岡山学芸館は23分、MF加藤凜太朗がDFをかわして鮮やかな追加点を決める。玉野光南もエースFW吉井陸が決めて再び1点差としたが、西山の右足ミドルでダメ押した岡山学芸館が4-2で勝ち、初優勝を果たした。■チーム紹介
実績十分の初出場校
 十分な実績を持つ初出場校だ。今年は作陽高や玉野光南高といった全国レベルの強豪を打ち倒して新人戦、総体予選、そして選手権予選の県内3冠を達成。また復帰1年目のプリンスリーグ中国では序盤戦から優勝争いを演じ、作陽や立正大淞南高(島根)、瀬戸内高(広島)などの強豪を抑えて3位に食い込んだ。注目の2年生MF池平直樹やMF野島奨主将、MF西山敢太、MF加藤凜太朗、左SB西崎剛司ら個性的な選手を擁し、彼らが流動的な攻撃でゴールを生み出している。攻守が噛み合えば、野島が「初出場なので失うものはない」という全国大会でも躍進の可能性大。初の選手権で岡山学芸館の名を印象づける。
■編集部イチオシ選手
正確キックに注目の2年生司令塔
MF池平直樹(2年)
「長短の正確なキックで攻撃の起点となる司令塔。パスワークの中心となりつつ、積極的にゴールを狙う。ブレイク期待の2年生だ」■注目選手
MF野島奨(3年)
└県決勝では鮮やかなオーバーヘッド弾で先制点。足元も巧みな闘将だ。
MF加藤凜太朗(3年)
└テクニカルなドリブラー。カットインからのシュートでゴールを脅かす。
DF西崎剛司(3年)
└左サイドから思い切った攻撃参加を繰り出すレフティ。
■過去の全国大会成績
―■登録メンバーリスト
▼GK
1久保剛瑠
12西本空央
30大森凌真
▼DF
2木下紘希
4小川智大
5森下基
13平野智大
20黒川真吾
22川脇優
23為広春樹
26田中一
29戸川淳平
▼MF
3野島奨
6竹内盛真
7西山敢太
8加藤凜太朗
10池平直樹
11西崎剛司
14浅野達郎
15濱口理恭
17佐竹風輝
18河崎直人
19上山拳史郎
24香西泰成
25松島直哉
28前田光輝
▼FW
9山河大将
16永田一真
21川西真斗
27刈谷駿介
▼関連リンク
【特設】高校選手権2016
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2016

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング