“市船キラー”小屋松が京都橘の後輩たちの応援へ「初の日帰り東京!」

ゲキサカ / 2016年12月31日 11時43分

第92回大会の準々決勝市立船橋で2ゴールを奪い、強敵を沈めたFW小屋松知哉

 来季の京都サンガF.C.への完全移籍が決まっているFW小屋松知哉が31日、第95回全国高校サッカー選手権1回戦で市立船橋高と対戦する母校・京都橘高の応援に向かったようだ。同日に自身のツイッター(@30Xtk)を更新し、「初の日帰り東京です!後輩達が選手権初戦なんで応援よろしくお願いします!」とつづっている。

 小屋松は京都橘時代、選手権に2度出場。2年時の第91回大会では得点王を獲得する活躍で準優勝に貢献し、3年時の第92回大会ではキャプテンとしてチームをけん引した。最後の大会はベスト4敗退に終わったが、準々決勝の市立船橋戦(2-0)では全2ゴールを挙げ、相手を粉砕している。

 今大会の1回戦から強敵を迎える京都橘にとって、心強い先輩の後押しが加わることになった。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)▼関連リンク
【特設】高校選手権2016
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2016

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング