高速解決!!仙台新ユニ“偽造画像”問題は収束…「良識ある人」が謝罪メール

ゲキサカ / 2017年1月5日 21時57分

仙台の“偽造画像”問題は1時間も経たずに高速解決

 ベガルタ仙台は5日、2017シーズンのユニフォームの“偽造画像”が拡散された問題が「完全解決」したことを発表した。

 5日17時頃のリリースで、クラブは2017シーズンのユニフォームとしてネットやSNS上に出回っていた画像について、「実際のデザインとは完全に異なるものです」と注意を喚起。これ以上の拡散を防ぐよう訴えたところ、17時34分に問い合わせフォームに謝罪のメールが届いたという。

 クラブは「ユニフォーム画像の完全解決について」と題したリリースで「本件についての謝罪が記されており、十分な反省をしていることが伝わりました」と報告。「同メールの内容を真摯に受け止めさせていただき、これにて完全解決とさせていただきます」とし、注意喚起のリリースをホームページ上から削除した。

 異例の問題はサポーターの誠意ある謝罪で“高速解決”。公式サイトでは「正直で良識のあるサポーターに、当クラブ、ベガルタ仙台は支えていただいていることを、今回改めて実感いたしました。これから始まる2017シーズンについても、今までと変わらぬ熱いご声援をいただきますよう、何とぞよろしくお願いいたします」と結んでいる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング