浅野は後半からの出場で見せ場、10人のシュツットガルトは連勝ストップもドローで首位キープ

ゲキサカ / 2017年3月7日 15時30分

シュツットガルトは連勝が「5」でストップも10人で引き分けに持ち込んだ

[3.6 ブンデスリーガ2部第23節 ブラウンシュバイク1-1シュツットガルト]

 ブンデスリーガ2部は6日、第23節を行い、FW浅野拓磨とMF細貝萌の所属するシュツットガルトは敵地でブラウンシュバイクと対戦し、1-1で引き分けた。浅野は10試合ぶりのベンチスタートとなり、後半開始から途中出場。細貝はベンチ外だった。

 中断明けから5連勝と好調を維持する首位シュツットガルト。今冬の移籍市場で新戦力が加入したことで定位置争いも激しさを増し、浅野は昨年11月20日のウニオン・ベルリン戦(1-1)以来、10試合ぶりに先発落ちとなった。ボルフスブルクからレンタルで加入した18歳のMFヨシプ・ブレカロが左ウイングで先発。前節のカイザースラウテルン戦(2-0)でゴールを決めた18歳のトルコ代表MFベルカイ・オズジャンが8試合ぶりに先発し、4-1-4-1の左インサイドハーフに入った。

 そのシュツットガルトがいきなり先手を取る。前半3分、FWカルロス・マネが相手DFのバックパスが弱くなったところを見逃さず、一気に加速してボールを奪取。そのままスピードに乗ったドリブルでPA内に切れ込み、GKとの1対1から右足でニアサイドを破った。

 幸先よく先制すると、前半32分にはPKのピンチを招くが、MFミルコ・ボランドのキックはGKミッチェル・ランゲラクが横っ飛びで弾き出す。その後のピンチもランゲラクのビッグセーブでしのいだが、前半41分、DFマルチン・カミニスキが2枚目の警告を受けて退場。このプレーで2度目のPKを献上し、今度はDFケン・ライヒェルに決められ、1-1の同点に追いつかれた。

 浅野は後半開始からピッチに送り込まれ、左ウイングの位置に入った。後半6分、センターサークル内でボールを受けると、中央をドリブルで持ち上がってPA手前から右足でミドルシュート。しかし、シュートはミートせず、枠に飛ばなかった。後半17分にも長い距離をドリブルで駆け上がり、左サイドからクロスを送ったが、FWシモン・テロッデには合わず。勝ち越しゴールを演出することはできなかった。

 終盤はブラウンシュバイクの攻勢を受けたが、ランゲラクが好セーブを連発し、2失点目は許さなかった。そのまま1-1で引き分け、連勝は5でストップしたが、数的不利の戦いを強いられながら敵地で勝ち点1を獲得。6試合負けなし(5勝1分)で勝ち点を48に伸ばし、2位ウニオン・ベルリンと勝ち点4差の首位を守っている。
●欧州組完全ガイド
●ブンデスリーガ2016-17特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング