悪臭漂うスタジアム…施設整備不良、韓国でサポーターにチケット無料配布

ゲキサカ / 2017年3月17日 18時14分

江原FCにはかつてJリーグでもプレーしたFWイ・グノが在籍している。(江原FCのインスタグラムより)

 韓国Kリーグの江原FCが、11日に行った今季ホーム開幕戦のFCソウル戦において、スタジアムの対応に不手際があったことを発表した。クラブによると、入場遅延、駐車場問題、座席案内、売店利用など全面的なサービスに不備があり、ファン・サポーターに謝罪した。

 またスタジアムの衛生面にも問題があり、『朝鮮日報』は、堆肥(たいひ)臭が漂っており、ピッチもボコボコで整備不良だったと伝えた。クラブにはサポーターから多くの非難の声が集まったことを認めている。

 これに対しクラブはこれらのサポーターに無料チケットを配布することで対応。18日に行う浦項とのホーム第2戦でソウル戦の観戦チケットを提示すれば、同試合のチケットを3枚プレゼントするとし、その他にも複数のイベントを開催すると発表した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング