いわきFCが掲げる「JFL飛び級昇格」…どうしたら上がれる?

ゲキサカ / 2017年9月19日 2時29分

いわきFCの掲げる「飛び級でのJFL昇格」までは厳しい道のりが待っている

 福島県社会人リーグ1部を戦ういわきFCは、「飛び級でのJFL昇格」を目標に掲げている。7部相当の県リーグから、J3までを3部相当と見た場合に4部に相当する日本フットボールリーグ(JFL)に上がるためには、狭き門を突破しなければいけない。

 いわきFCが今季、JFL昇格を勝ち取る方法は一つしかない。まずは32チームのトーナメント戦で争われる第53回全国社会人サッカー選手権大会で全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017への出場権を得なければいけない。

 条件は4位までに入った上で、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017の出場権を得ているチームを除く、最大で成績上位3チームに入る必要がある。昨年はこの全社の準々決勝で今季よりJFLで戦っているヴィアティン三重に敗れて、涙をのんだ。大会は10月13日から18日までの日程で福井県で開催される。すでに組み合わせも決まっており、東北地域代表のいわきFCは関東地区代表のエリースFC東京と1回戦で対戦する。

 11月に開催される上位大会の全国地域サッカーチャンピオンズリーグは、全国に9つある地域リーグの代表が出場するもので、地域リーグの下位リーグの県リーグを戦ういわきFCは、全社枠で出場するしかないということだ。全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017の1次ラウンドは11月10日から3日間の日程で開催。12チームが3グループに分かれてリーグ戦を行い、各組1位と2位の上位1チームが決勝ラウンドに進出する。

 そして決勝ラウンドは11月24日から3日間の日程で、千葉県市原市のゼットエー・オリプリスタジアムで行われる。4チームのリーグ戦を行い、JFL加盟に必要な条件を備えていることが条件となるが、原則としてここで上位2位までに入ればようやく来季のJFL昇格の権利が与えられることになっている。

 天皇杯でJ1の北海道コンサドーレ札幌を下すなど、快進撃が全国的な話題を集めたいわきFCだが、立場は県リーグ1部所属クラブ。目標を達成するには厳しい戦いを勝ち抜かなければいけない。

 ただFW菊池将太が話すように、選手たちは「Jリーグのチームと多く練習試合などで対戦しているが、まずは自分たちは社会人を相手に試合をすることを考えないといけない」という考えをもって日々のトレーニングに取り組んでいる。「日本のフィジカルスタンダードを変える」という理念を掲げる“異端性”やプロ顔負けのサポート面などで注目を集めているいわきFCだが、本当の力が試されるのはここからだ。

(取材・文 児玉幸洋)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング