ドルトムント香川の「夢弾」ループがブンデス9月月間ベストゴールに

ゲキサカ / 2017年10月13日 10時20分

香川真司の決めたループシュートが9月の月間ベストゴールに選ばれた

 9月30日に行われたブンデスリーガ第7節のアウクスブルク戦で、ドルトムントの日本代表MF香川真司が決めたループシュートが、ブンデスリーガが選ぶ9月の月間ベストゴールに選ばれた。

 同ゴールは1-1で迎えた前半23分、FWアンドリー・ヤルモレンコの折り返しに走り込んだ香川が、華麗な弧を描いたループシュートをゴール左隅に収めた勝ち越し弾。このゴールはブンデスリーガでの通算得点数を「38」に伸ばし、ブンデスリーガ日本人選手最多得点記録を更新するゴールにもなっていた。

 直後から現地メディアの絶賛を受けており、『キッカー』は「なんというドリームゴール!」、「神業」などと表現。『ビルト』も「完全なるワールドクラス」と称えていた。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2017-18特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング