W杯の試合時間が一部変更、日本の初戦は日本時間21時開始に

ゲキサカ / 2017年12月2日 5時1分

日本の初戦は日本時間19日午後9時に変更となった

 国際サッカー連盟(FIFA)は1日、グループリーグの組み合わせが決まったロシアW杯で当初の試合日程を一部変更したと発表した。

 日本が入ったH組第1節のキックオフ時間も入れ替わり、ポーランド対セネガル(モスクワ)が日本時間19日21時から同24時に、コロンビア対日本(サランスク)が日本時間19日24時から同21時に変更となったほか、C組第2節、F組第2節のキックオフ時間も入れ替わった。

キックオフ時間が変更されたカードは以下のとおり

【H組第1節】
6月19日(火)
ポーランド 21:00 セネガル [モスクワ/スパルタク]
コロンビア 24:00 日本 [サランスク]

コロンビア 21:00 日本 [サランスク]
ポーランド 24:00 セネガル [モスクワ/スパルタク]

【C組第2節】
6月21日(木)
フランス 21:00 ペルー [エカテリンブルク]
デンマーク 24:00 オーストラリア [サマーラ]

6月21日(木)
デンマーク 21:00 オーストラリア [サマーラ]
フランス 24:00 ペルー [エカテリンブルク]

【F組第2節】
6月23日(土)
ドイツ 24:00 スウェーデン [ソチ]
韓国 27:00 メキシコ [ロストフ・ナ・ドヌ]

韓国 24:00 メキシコ [ロストフ・ナ・ドヌ]
ドイツ 27:00 スウェーデン [ソチ]

※試合時間は日本時間
●2018W杯ロシア大会特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング