ベルギー、イングランドの突破が有力…初出場パナマ、チュニジアは台風の目になれるか:G組

ゲキサカ / 2017年12月2日 9時0分

G組はベルギー、イングランド、パナマ、チュニジア

 来年6月14日に開幕するロシアW杯のグループリーグ組み合わせ抽選会が1日にモスクワのクレムリンで行われ、グループGにはベルギー、パナマ、チュニジア、イングランドが入った。

 グループリーグ突破はベルギーとイングランドの2か国が有力だろう。欧州予選を9勝1分の無敗で本大会出場を決めたベルギーは、MFエデン・アザールとFWロメル・ルカクなどタレント揃い、2015年11月にはFIFAランキングで初めて首位に立った。今年のEUROではベスト8に終わったが、今大会では過去最高の4位越え、さらに優勝も狙えるチームだ。

 前回まさかのグループリーグ敗退を喫したイングランドは、“サッカーの母国”として意地をみせたいところ。欧州予選では、こちらも8勝2分の無敗で突破。FWハリー・ケインとMFデレ・アリなど世代交代に成功したが、やや守備が安定しないところが心配される。

 アメリカを上回ってW杯初出場をつかみ取ったパナマ、3大会ぶり出場のチュニジアにとっては厳しいグループとなった。だが、ベルギーとイングランドに善戦すれば、前回大会でイングランドを敗退に追いやったコスタリカのように、台風の目になる可能性はある。

【日程&結果】※試合時間は日本時間
第1節
6月18日(月)
ベルギー 24:00 パナマ [ソチ]
チュニジア 27:00 イングランド [ボルゴグラード]

第2節
6月23日(土)
ベルギー 21:00 チュニジア [モスクワ/スパルタク]

6月24日(日)
イングランド 21:00 パナマ [ニジニ・ノブゴロド]

第3節
6月28日(木)
イングランド 27:00 ベルギー [カリーニングラード]
パナマ 27:00 チュニジア [サランスク]
●2018W杯ロシア大会特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング