頭一つ抜けるウルグアイ…ロシア、サウジ、エジプトの2位争いは混戦か:A組

ゲキサカ / 2017年12月2日 10時50分

A組はロシア、サウジアラビア、エジプト、ウルグアイ

 来年6月14日に開幕するロシアW杯のグループリーグ組み合わせ抽選会が1日にモスクワのクレムリンで行われ、グループAにはロシア、サウジアラビア、エジプト、ウルグアイが入った。

 このグループではウルグアイが頭一つ抜けている。就任12年目を迎えるオスカル・タバレス監督の下、過酷な南米予選を2位で突破。過去2大会は2010年にベスト4、2014年にベスト8の成績を残しており、FWルイス・スアレス(バルセロナ)、FWエジソン・カバーニ(パリSG)の2枚看板が実力を発揮できれば、決勝トーナメント進出は堅い。

 グループ2位争いは混戦が予想される。開催国のロシアはW杯予選を免除された中でチーム強化や世代交代が思うように進まず、EURO2016、2017年コンフェデレーションズ杯でいずれもグループリーグ敗退。貴重な真剣勝負の場で結果を残せなかった。ホームの大声援を背に、ホスト国のノルマであるベスト16進出を果たせるか。

 そのロシアと開幕戦で激突することになったサウジアラビアは、直近3か月で3人目の監督を迎えるなど、お家騒動に揺れている。アジア予選では最終節で日本を破り、3大会ぶりに本大会への切符を手にしたが、協会も含めてチーム体制は盤石とは言い難い。チリ前指揮官のフアン・アントニオ・ピッツィ新監督の手腕が注目される。

 エジプトにとっては28年ぶりとなる本大会出場。プレミアリーグで得点ランク首位の12ゴールを挙げているFWモハメド・サラー(リバプール)を中心とした堅守速攻がハマれば、他国を出し抜いてグループリーグ突破も十分に見えてくる。

【日程&結果】※試合時間は日本時間
第1節
6月14日(木)
ロシア 24:00 サウジアラビア [モスクワ/ルジニキ]

6月15日(金)
エジプト 21:00 ウルグアイ [エカテリンブルク]

第2節
6月19日(火)
ロシア 27:00 エジプト [サンクトペテルブルク]

6月20日(水)
ウルグアイ 24:00 サウジアラビア [ロストフ・ナ・ドヌ]

第3節
6月25日(月)
ウルグアイ 23:00 ロシア [サマーラ]
サウジアラビア 23:00 エジプト [ボルゴグラード]
●2018W杯ロシア大会特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング