バイエルンやシャルケの下部組織でもプレー…鳥栖が“異色の19歳”MF伊藤遼哉を獲得

ゲキサカ / 2017年12月9日 17時52分

19歳MF伊藤が鳥栖に移籍

 サガン鳥栖は9日、デュッセルドルフのU-19チームに所属するMF伊藤遼哉(19)が新加入することが決定したと発表した。

 伊藤は幼少期から海外で過ごし、これまでバイエルン、シャルケ、デュッセルドルフなどの下部組織でプレー。1998年生まれで東京五輪世代にあたる期待のアタッカーだ。

 “逆輸入Jリーガー”となる伊藤はクラブ公式サイトを通じ、「サガン鳥栖という多くの人に愛されるチームの一員になれたことを大変嬉しく思います。ゴールに絡むプレーという自身の特徴を最大限にいかして、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。ファン・サポーターの皆さんと共に初タイトルを取るため必死に戦います!応援よろしくお願い致します」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF伊藤遼哉
(いとう・りょうや)
■生年月日
1998年5月2日(19歳)
■身長/体重
180cm/70kg
■出身地
東京都
■経歴
FCチューリッヒU-13(スイス)-グラスホッパー・クラブ・チューリッヒU-14・U-15(スイス)-バイエルンU-15・U-16(ドイツ)-シャルケU-17・U-19(ドイツ)-デュッセルドルフU-19(ドイツ)
■代表歴
2014年:U-16日本代表
2015年:U-17日本代表
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●2018年Jリーグ移籍情報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング