3位チェルシーが2017年ラストゲームへ…コンテ監督「トップ4で終えればそれは成功」

ゲキサカ / 2017年12月30日 13時49分

アントニオ・コンテ監督がストーク・シティ戦に向けて会見を行う

 チェルシーは29日、30日に行われるプレミアリーグ第21節・ストーク・シティ戦に向けてアントニオ・コンテ監督が会見を行った。

 コンテ監督は「新たなニュースはない」と怪我人追加の情報はないことを明かす。「全ての選手がプレー可能だ。ブライトン戦に出場した選手も問題なくプレーできるだろう。(チャーリー)ムソンダとダビド・ルイスの状態は良くなっている。ストーク戦では難しいかもしれないが、ノリッチ戦では問題ないはずだ」と2選手についても復活を予告した。

 30日に行われる試合については「明日のストーク戦は難しい試合になるだろう。昨シーズンも年末に対戦したが、ホームで非常に苦しんだよ」と対戦を振り返り、「あの試合のことはよく覚えているし、明日の試合でも注意して臨まないとね」と指揮官は油断せずに気を引き締めた。

 現状3位に位置しているチェルシー。2位マンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点も「1」と縮まっている。「このリーグでトップ4フィニッシュを決めれば、それは成功と言えるだろう。毎シーズン6チームが優勝を争うのはプレミアリーグだけだよ」と先を見据えつつ、現状にはある程度満足しているようだ。

 また月曜日から開かれる移籍市場については、「移籍市場で求めている選手を獲得することができれば良いね。でも今はこのチームで戦うことができてハッピーだよ」とコメント。「自分は監督だ。選手たちと全力を尽くし、ピッチで結果を出さなければいけない。移籍市場ではクラブがこのチームをよりよくするために動いてくれるはずだ」と自らの役割に徹することを語った。
●プレミアリーグ2017-18特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング