[MOM2381]星稜MF西部悠大(2年)_県予選はスタンド応援、公式戦初出場で決勝点

ゲキサカ / 2017年12月31日 22時52分

決勝ゴールを奪ったMF西部悠大(2年)

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[12.31 全国高校選手権1回戦 星稜1-0松山工 ゼットエー]

 トップチームでの公式戦初先発初出場とは思えないゴール前での落ち着きだった。後半12分、星稜高(石川)は右サイドからチャンスを作ると、ゴール前で待ち構えたMF西部悠大(2年)の足もとにボールが入る。西部は落ち着いてボールをコントロールすると、DFを外してゴールに突き刺した。

 県予選はスタンドから応援していた選手だった。転機となったのは、選手権予選後に行われた石川県の新人大会。主力として出場した西部は、準々決勝の鵬学園戦で決勝ゴールを記録するなど、星稜の優勝に大きく貢献した。この大会での活躍が河崎護監督の目に留まり、選手権直前にAチームに抜擢された。

 京都府出身。星稜への進学は、3年前の選手権優勝を見て決めた。テレビ越しに見た黄色と緑のユニフォームの選手たちに憧れを強く持ったという。「この選手権も自分がテレビ越しに見ていたように優勝できればいいな」。
 
「ずっと下のチームでやっていた。普段の練習もBチームだった。ずっと言われてきたのは相手の陣地でボールをキープして、攻撃の起点になれと言われてきた」

 ゴール後に決定機逸があったことで、河崎護監督は「2回目は外しましたよね」と悪戯っぽく笑ったが、「彼はゴール前で落ち着ける選手。ヘディングでも足でも点が取れる。FWとして大成してほしい」と期待を寄せる。

「自分がというより、みんなで取ったゴールだと思う」と謙虚に語った17歳。今後の目標を問われると、「個人としてはチームを勝たせるゴールを決めること。チームとしては優勝です」とさわやかに、そしてはっきりと答えた。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 児玉幸洋)
●【特設】高校選手権2017

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング