自慢の左足キック炸裂!!V弾アシストの流経大柏DF近藤立都「蓮やったら決めてくれるかなって」

ゲキサカ / 2018年1月7日 18時19分

DF近藤立都(3年)が決勝点をアシスト

[1.6 全国高校選手権準決勝 流通経済大柏高 1-0 矢板中央高 埼玉]

 左足キックが決勝点を生み出した。流通経済大柏高の決勝点をアシストしたDF近藤立都(3年)は「キックが得意なのでそれが生かせてよかったです」と振り返った。

 逆サイドのスペースは見えていた。「(名前を)呼んでいたのが聞こえたので、そこやなと思って」。キックの精度が持ち味の近藤立は左サイドから狙い澄ましたアーリークロス。高く舞い上がったボールはファーサイドに届き、MF加藤蓮(3年)が右足スーパーボレーで叩き込んだ。

「蓮やったら決めてくれるかなって」と決勝点を演出し、「この舞台で決めるのはすげーな」と仲間を称えた。プレースキックは小学校時代から蹴ってきた。流通経済大柏に入ってからさらに磨きをかけ、「キックの精度に自信はあります」と胸を張った。

 チームには激しい競争があり、危機感を持ってプレーしている。「スタメンやからって気抜いてたらすぐ変えられるし、ベンチでもちゃんとやっていたら前日でも変えてくれる」。攻撃力が持ち味だが、守備には課題を抱えていた。「自分のサイドからやられて失点という形が多くて(メンバーから)外された」。約1か月、メンバーから外れた時期があった。

 夏の総体では主力として優勝に貢献。大会優秀選手にも選出されたが、選手権の千葉県予選は準々決勝の習志野戦(2-1)以外は全てベンチに。「悔しかったです」。その間、腐ることなく守備を重点的に練習し、定位置を奪い返した。この日も守備意識高く奮闘し、2回戦から4試合連続の完封勝利に貢献した。

 決勝戦は前橋育英(群馬)との対戦。守備陣として目指すは無失点優勝だ。「セットプレーで点が入ったら大きいのでキックを一本一本しっかりやって、アシストでチームに貢献すること」。決勝でも黄金の左足を炸裂させ、チームを夏冬連覇に導く。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 佐藤亜希子)
●【特設】高校選手権2017

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング