1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

20歳ラッシュフォードが圧巻2発!マンUがリバプールとの上位対決を制して3連勝

ゲキサカ / 2018年3月10日 23時24分

 少ないチャンスを得点へとつなげていくユナイテッドは前半38分、右サイドからMFアントニオ・バレンシアのサイドチェンジをPA左脇で受けたFWアレクシス・サンチェスがクロス。フリーとなっていたマタがバイシクルシュートを放つがミートできず、枠の右にそれていった。前半は2-0のまま終了。なお、データサイト『オプタ』によると、ホーム戦でリードしてハーフタイムを迎えたユナイテッドは1984年5月7日イプスウィッチ戦以来、負けていないという。

 前半はユナイテッドの守備を崩せず、ボールを持たされている展開となり、本来の縦に素早い攻撃を披露することができないリバプール。後半3分、ミルナーの右CKからまたもファン・ダイクが強さをみせたが、ヘディングシュートはわずかに枠の上。その後も一方的に攻め込んだが決定機を生み出せず、17分にユルゲン・クロップ監督はチェンバレンに代えてMFアダム・ララナを送り込んだ。

 リバプールは2点ビハインドも諦めずゴールに迫り続けると、後半21分にMFサディオ・マネが緩急をつけたドリブルで左サイド深くまで侵入し、鋭いクロスを供給。これがバイリーのオウンゴールを誘発し、1点を返した。ユナイテッドは25分、2ゴールのラッシュフォードを下げ、負傷明けのMFマルアン・フェライニを投入した。

 追いつきたいリバプールは後半35分、アレクサンダー・アーノルドに代えてMFジョルジニオ・ワイナルドゥム、39分にはロバートソンに代えてFWドミニク・ソランケと攻撃的な選手をピッチに送り込む。ユナイテッドは44分にマタに代えてMFジェシー・リンガードを投入。最後まで集中を切らさなかったユナイテッドが2-1で逃げ切り、欧州CLセビージャ戦に弾みをつけた。一方のリバプールは6試合ぶりの黒星を喫した。
●プレミアリーグ2017-18特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング